資格を取得するメリットは?難易度高いと就職に有利?

資格を取得するメリットはいくつかあります。
まずそれがないと働くことが出来ないというものです。
例えば医師になるためには医学部を卒業した後に国家試験に合格して医師免許を取得しなければなりません。
このように資格がないと働くことができない業種というものがあります。
運転免許証も同じようなものでしょう。
運転免許証を取得せずに自動車を運転すると罰せられることになるでしょう。
このようなことがありますから、取得するメリットというよりはその仕事をするためにはどうしても取得しなければならないものもあるのです。
その仕事をするために絶対に必要というわけではないものもあります。
例えば簿記という資格があります。
簿記には3級から1級までありますが、簿記を取得していなくても経理の仕事をすることはできます。
実際、自営業の人なら簿記を持たずに経理の処理をしている人も多いでしょう。
しかし経理担当者を雇うときには、いくら面接で「経理ができます」と言ったところで信じてもらえるかどうかは分かりません。
それを客観的に示すものが必要なのです。
資格を取得するメリットとしては、このような場合にも客観的な評価として、知識や技術があるということを示すことが出来るということなのです。